So-net無料ブログ作成

本田圭佑 卒業文集 本物|卒業文集に書いた作文がすごい! [スポーツ]

本田圭佑選手が小学生の卒業文集で書いた作文。
この内容がすごい!
夢は口に出してこそ初めて本物になるのだと、改めて認識しました。




【スポンサーリンク】







2014年、ACミランに移籍した本田圭佑選手。
日本代表でも活躍している本田選手のACミランへの移籍に日本中が沸き立ちました。
かく言う私も、とても興奮しています(^^)


本田圭佑.jpg



日本人が、あのビッグクラブ、ACミランの、しかも10番!
いったい誰が予想したでしょうか?


しかも、すでにチームに溶け込み、現地での評価もうなぎ登り。
これから私たちに、まだまだ夢を見せてくれることでしょう!



さて、そんな本田圭佑選手が小学生の時
まだ1人のサッカー少年だったときに書いた作文。
この作文がすごいと話題になっています。





【スポンサーリンク】








これが、その作文です。


「将来の夢」

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。 世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。 だから、今、ぼくはガンバッている。 今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。 そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。 Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。 そしてレギュラーになって10番で活躍します。 一年間の給料は40億円はほしいです。 プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。 一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。 セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。 ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。 この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。



卒業文集.png


すごくないですか?
これを小学生の時に書いていたんですよ?


まだ、日本でスポーツと言えば野球だったころ
プロサッカー選手ではなくセリエAで10番をつけることを夢としていたのです。


ビッグマウスとして、その発言が度々問題視されている本田圭佑選手ですが
やはり、口だけではなく、それを実現させてしまうところがさすがです!


「夢は口に出してこそ!」と言われているようです。
今の小学生も、夢を語り、将来大きく羽ばたいてくれることを願っています!



【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。