So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム ブログトップ

パズドラz プレゼントコード一覧|入手方法 [ゲーム]

「パズドラz」のプレゼントコードの一覧と、入手方法を紹介します。



12月12日に発売されるやいなや、いきなり100万本を売り上げる大ヒットゲームとなった「パズドラz」、
年明けにお年玉で買おうと考えている人も多いのではないでしょうか(^^)


パズドラ.jpg



大人気ソーシャルゲーム「パズドラ」をさらにパワーアップさせた今作品、
無料で様々なプレゼントを受け取ることができます。



ここで、12月31日時点で分かっている無料プレゼントを一挙に公開します。
入手方法も簡単にですが記載しました。
皆さんは、もう手に入れましたか?



(それぞれの解説の下に公式サイトのリンクを張っていますので、もっと詳しく知りたいという方は、そちらをクリックして頂ければと思います。)






【スポンサーリンク】









【無料プレゼント】


『コラボダンジョンに行ける絵馬』
こちらは全国のTSUTAYAの店頭にて入手できます。
※2014年2月5日まで

「公式ホームページ
http://pad-3ds.gungho.jp/banner/collabo_tsutaya.html




『セブンイレブンの絵馬7』
全国のセブンイレブンの店頭にて入手できます。
※2014年1月10日まで



『セブンイレブンの絵馬11』
全国のセブンイレブンの店頭にて入手できます。
※2014年1月10日~2014年1月31日まで


「公式ホームページ」
http://pad-3ds.gungho.jp/banner/collabo_711.html




『ピザーラスペシャルダンジョン』
ピザーラメニューチラシについているドロップコードを3DSで読み取ると、
スペシャルダンジョンへ行けるおふだを手に入れることができます。


「公式ホームページ」
http://pad-3ds.gungho.jp/banner/collabo_pizzala.html





『コロコロ編集長(ムラ神さま)とパズフレになれるすけっとコード』 『メタドラのおふだZのドロップコード』
どちらも、パズドラzの攻略本「パズドラZ最速オフィシャルガイドブック」を購入すると、
付録としてプレゼントコードを手に入れることができます。





『中川祥子さんとパズフレになれるすけっとコード』 『ルビードラゴンが登場するダンジョンのドロップコード』
どちらも、パズドラzの主題歌である「さかさま世界」のCD(初回限定版)を
購入すると、付録としてプレゼントコードを入手できます。






『死天龍・アークヴェルサススペシャルダンジョン』
2014/1/19(日)名古屋・1/25・26( 土・日)東京・2/2(日)福岡・2/9(日)大阪で開催される
「次世代ワールドホビーフェア’14 Winter」のガンホのブースで入手できます。

「公式ホームページ」
http://www.whobby.com/




『不死龍の絵馬』
コロコロコミック1月号(12月15日発売)の付録。

『コロコロダンジョン』
コロコロコミック2月号(1月15日発売)の付録。



『ファミ通の絵馬1』
12月26日発売分の付録。






これ以外にも、定期配信ダンジョンで様々なプレゼントがもらえるそうです。
2014年もパズドラフィーバーは収まりそうにないですね(^^)





【スポンサーリンク】




PSアワード2013受賞作品発表! [ゲーム]


12月3日(火)、PlayStationアワード2013が開催されました。


PSアワード2013.jpg


この賞はPlayStationが発売となった翌年の1995年に第1回が開催されました。
ゴールドディスクシステムを元に、前年下半期~今年の
累計出荷本数に応じて年末に表彰が行われます。



賞は50万本突破で「ゴールドプライズ」、100万本達成で「プラチナプライズ」、
200万本達成で「ダブルプラチナプライズ」、
300万本達成で「トリプルプラチナプライズ」、
400万本達成で「クアッドプラチナプライズ」となります。



また、表彰基準は累計出荷本数なので、ゴールドプライズを受賞した後も
出荷本数を伸ばしてプラチナプライズを受賞した例も存在します。



実際には『バイオハザード』、『THE 麻雀』などがあります。
また、廉価版は同一のソフトでも別タイトルとして集計するため、
『モンスターハンターポータブル 2nd G』のように通常版とBEST版が両方受賞した例もあります。


また、ユーザーの皆様の投票数に応じて表彰するユーザーズチョイス賞もあり、
ユーザーの意見をより反映したアワードとなっています。


最近ソーシャルゲームが幅をきかせていることもあり、
ゲーム機用のゲームの販売は減少傾向にあります。
1ゲームファンとしてはとても悲しいものがあります。


はっきり言って、ソーシャルゲームはゲームとは呼べない、というのが持論です。
あんな課金させるようにしくまれ、内容よりコレクションへの執着心をあおるようなもの、
ゲームと呼ぶには不十分です。
無料で移動時間を潰すために使っている分には分かりますが、
あれに課金する気持ちが分かりません。
お金の無駄とは考えないのでしょうか?
すみません、口が過ぎました。



以下、今年の受賞作品です。










プラチナプライズ賞受賞作品
『グランド・セフト・オートV』
グラセフ5.png



ゴールドプライズ賞受賞作品
『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』
ワンピース 海賊無双2』
『ドラゴンズクラウン
『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』
『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2013
』『テイルズ オブ エクシリア2』
『コール オブ デューティ ブラックオプスII』
『龍が如く5 夢、叶えし者』


ユーザーズチョイス賞受賞作品『ペルソナ4ゴールデン
トゥームレイダー
『ソウル•サクリファイス』
『The Last of Us』
『討鬼伝』
『ドラゴンズクラウン』
『KILLZONE MERCENARY』
『グランド•セフト•オートV』
『英雄伝説 閃の軌跡』
『BEYOND Two Souls』



スペシャルアワード受賞作品
『ファンタシースターオンライン2』
『Cytus Lambda』
『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』








ゲーム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。