So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

本田圭佑 卒業文集 本物|卒業文集に書いた作文がすごい! [スポーツ]

本田圭佑選手が小学生の卒業文集で書いた作文。
この内容がすごい!
夢は口に出してこそ初めて本物になるのだと、改めて認識しました。




【スポンサーリンク】







2014年、ACミランに移籍した本田圭佑選手。
日本代表でも活躍している本田選手のACミランへの移籍に日本中が沸き立ちました。
かく言う私も、とても興奮しています(^^)


本田圭佑.jpg



日本人が、あのビッグクラブ、ACミランの、しかも10番!
いったい誰が予想したでしょうか?


しかも、すでにチームに溶け込み、現地での評価もうなぎ登り。
これから私たちに、まだまだ夢を見せてくれることでしょう!



さて、そんな本田圭佑選手が小学生の時
まだ1人のサッカー少年だったときに書いた作文。
この作文がすごいと話題になっています。





【スポンサーリンク】








これが、その作文です。


「将来の夢」

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。 世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。 だから、今、ぼくはガンバッている。 今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。 そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。 Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。 そしてレギュラーになって10番で活躍します。 一年間の給料は40億円はほしいです。 プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。 一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。 セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。 ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。 この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。



卒業文集.png


すごくないですか?
これを小学生の時に書いていたんですよ?


まだ、日本でスポーツと言えば野球だったころ
プロサッカー選手ではなくセリエAで10番をつけることを夢としていたのです。


ビッグマウスとして、その発言が度々問題視されている本田圭佑選手ですが
やはり、口だけではなく、それを実現させてしまうところがさすがです!


「夢は口に出してこそ!」と言われているようです。
今の小学生も、夢を語り、将来大きく羽ばたいてくれることを願っています!



【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

井岡一翔 大晦日 時間 2013|結果は?WBAライトフライ級防衛戦 [スポーツ]

2013年12月31日、今年も井岡一翔選手が大晦日決戦を行いました。


井岡.jpg



今年で3年目となる大晦日決戦。
今年の相手、フェリックス・アルバラート選手は
ニカラグア出身で、井岡選手と同じ24歳。
WBA世界ライトフライ級3位の実力者です。


戦績は18戦18勝15KOの強敵。
しかも15のKOはすべて3ラウンド以内でのKO勝ちということで
「最強のチャレンジャー」と称されるほど。



井岡一翔選手は
「来年の自分に良いバトンを渡したい」とKO宣言。
激闘必至のこの試合、果たして試合の行方は?





【スポンサーリンク】









WBA世界ライトフライ級V3戦となったこの試合
20時36分に試合開始のゴングが鳴らされました。



前評判通り、前半からお互いに打ち合う激しい試合展開。
前半から的確なカウンターを決めていた井岡一翔選手は
中盤以降さらに攻勢を強めチャレンジャーを追い込んでいきました。


一方チャレンジャーも、パンチを受けながらも手を止めません。
左目を大きく腫らしながらも、強力なパンチと長いリーチを武器に井岡選手に食い下がります。
さらに、そのタフさにはは目を見張るものがありました。
どれだけパンチをもらっても、前進を止めません。


しかし、第7ラウンド終盤に井岡選手の右ストレートがチャレンジャーの顔面をとらえたのをきっかけに井岡一翔選手のペースとなり、アルバラート選手を徐々に圧倒していきます。



第10ラウンド、アルバラード選手が2回目のメディカルチェックをうけてから
一気に攻勢をかけてきました(左目が腫れていたため)。
が、井岡選手は的確にカウンターを当てていきます。
それでも、アルバラード選手が倒れることはありません。



試合は、最終12ラウンドにもつれ込みました。
両選手が両の拳を合わせて始まった最終ラウンド、
ポイントが優勢である井岡選手も、まったく下がらずKOを狙いに行きました。

そして、判定の結果、、、、、



3-0で井岡一翔選手の勝利! さすがです!




いや~~~~、とても興奮しました(^^)
それにしても、今回のチャレンジャー、フェリックス・アルバラート選手、強い!
敵ながらあっぱれでした。


どれだけ打ち込まれても倒れないタフさ、精神力。
ちまちま打ち合うポイント狙いのボクシングとは、やはり見応えが違いました!







【スポンサーリンク】










さて、私は井岡選手の大ファンなのですが、
本日の試合も含め、井岡一翔選手の一番好きな試合は
井岡選手VS八重樫選手の世界ミニマム級王座統一戦。
これぞボクシングと言わんばかりの殴り合い。



すべてのボクシングの試合の中でも一番好きな試合。
最終ラウンドの、意地と拳のぶつけあい。
本当に涙が出ました。
今でもその興奮は忘れることができません(^^)


その時の試合の総集編動画です。



亀田兄弟を中心に、最近のボクシング界はいろいろと物議が巻き起こりましたが、井岡選手はじめ、村田選手や井上選手など見ていて興奮するボクシングをする選手が増えています。
ボクシング界が注目され、盛り上がっているという実感があります。
ボクシングファンの1人として、嬉しい限りです(^^)



井岡一翔選手は、2014年には王座統一選や
3階級制覇への挑戦も口にしています。
期待は膨らむばかりです。


これからの活躍にも、期待しています!






【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。